カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ

佐藤 達夫(さとう たつお)

作家略歴

  • 1958年 福島県喜多方市に生まれる。
  • 1983年 第37回福島県総合美術展初入選。
  • 1988年 第5回日本伝統漆芸展初入選(以降6回入選)。第35回日本伝統工芸展初入選(以降4回入選)。
  • 1995年 第35回伝統工芸新作展優秀賞(三越賞)受賞。
  • 2000年 日本クラフト展入選。

佐藤 達夫の仕事

日本伝統工芸展など各公募展に出品(蒔絵)しながら日常食卓を楽しい空間として演出で きる食器を作っています。

欅(ケヤキ)、栃などの原木を仕入れ、十年前後自然乾燥させ、物に合った木取りを行い、 木地をろくろで削り、良質の国産漆(天日でクロメ、自家精製)で塗り上げ、最終的に蒔 絵まで一貫した仕事を責任をもって行っています。一貫生産なので素材にこだわった割にはかなり格安になっています。日本人の心の中には漆に対して郷愁めいたものがあると思 います。木の魅力、ホンモノの漆の色艶を見てもらいたい。そして、使ってもらいたい。 食卓を心地良いものにして行きたい。

(会津漆器職人の会)

佐藤 達夫

6商品