カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ

漆器の修理承ります

修理など、完成品販売以外の仕事

この度、お正月にお節料理を注文した際の白木の重箱があるので、そこに塗りを施してほしいというお客様(横浜市在住T様)からのリクエストがありました。

職人さんに実物を見せたところ、漆器用に作られた木地ではいので、強度がないこと、隙間があること、表面がざらざらしていて塗れるようにサンドペーパー等でなめらかにしなくてはいけないこと、などが挙げられ、塗ってもお客様が満足するものになるかどうか自信がない、という回答でした。

しかし、お客様と何度か話し合いを重ね、お客様の深い理解を頂戴し、完成に至りました。(写真)

このようなお話を、どんどん受け付けています、とは言えませんが、是非、このようなことがございましたら相談して頂ければ、嬉しいです。極力ご要望にお応えしたいです。

お客様から頂いたメール

重箱うけとりました。 ずうっと見てると味わい深くて、骨董品のような深みがでてきました。しばらくして暗くなってきたので部屋に明かりをつけると光沢が出てきたような気がしました。

主人も黒塗りより木目があっていいと喜んでいました。確かに木のぬくもりがあって、民芸調であじわいがありますね。細かい仕切りもていねいに塗っていただき本当にありがとうございました。無理な注文を受けてくださって本当に感謝です。職人の方にもくれぐれもよろしくお伝えください。

先日、一回だけの体験でデパートの金つぎ教室に初めて行ってきましたが、みなさん欠けたお茶わんや割れたお皿などたくさん持っていらっしゃいました。帰りにはそれなりによみがえって元のお茶わんやお皿になってました。そしてみなさんとてもうれしそうでした。それぞれに思い入れのあるものや大事にしていたものが、また実際に使うことことができるようになるなんてとってもうれしいですよね!今回の重箱もまたそれを実感しています。